プロフィール

庄田幸生

~庄田幸生(しょうだゆきお)
1950(昭和25)年徳島県生まれ。興亜石油株式会社大阪製油所に勤務しながら、24歳より財団法人氣の研究会宗主藤平光一先生に師事し「氣の原理」と「心身統一合氣道」を学ぶ。
1995(平成7)年興亜石油株式会社退職。「氣の原理」と「心身統一合氣道」の普及に専念する。
悠心館道場館長、財団法人氣の研究会助講、氣の健康学院講師、氣圧療法、心身統一合氣道六段。

大阪市「なんばCITY読売文化センター」、桑名市「平心館道場」、藤井寺市「佐久間学園」、徳島市「徳島氣の講座」、大阪市西九条「氣の教室」和泉市「コナミスポーツクラブ和泉府中」の指導を経て、現在、和泉市「悠心館道場」「浦田町教室」、泉佐野市「湊町教室」で指導。各地で「氣の原理」と「心身統一合氣道」の普及活動を展開している。



≪私と心身統一合氣道≫

もともと他流派の合氣道を学んでいましたが、教えに満足できず、精神的にも行き詰るところがありました。

真の教えを渇望していたとき、藤平光一先生の『生活の中の合氣道』を書店で見つけ、これこそ求めていた教えだと思い、意を決して心身統一合氣道会に流派替えをしました。

そして片岡武壽先生とのご縁で、昭和50年、当時の大阪支部である研心館道場の内弟子として一年間修行することになります。関西地区本部の発足が昭和51年でありましたから、組織としてきちんとした形が整っていなかった頃の話です。

心身統一合氣道の素晴らしさは生活に活かせることにあると思います。ですから入会当初より、現在に至るまで一貫して「生活の中の合氣道」を教えることに専念しています。

そして道場の指導のみならず、毎月会報を発行し、生き方の工夫を書き続けております。